妊娠力を高めて、不妊症から妊娠への近道の秘訣を公開中

性欲がない・・・

ローズ エッセンシャルオイルe6%ac%b2%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bdフェンネル ef%bdフェンネル ef%bd%a5/2f90adcd419a23f2e481dadb3fca340c_s/” rel=”attachment wp-att-1097″>性欲がない…

こんにちは さいじょう鍼灸院の西條です。

今回は性欲の高め方のお話です。

良く結婚当初は性欲があったけど、月日と共に性欲がなくなって…
と訴える方が多いです。

あなたやあなたのパートナーはいかがですか?

妊娠したくても性欲がわかないとなかなかセックスに至らず、
セックスに至ったとしても子作りのためだけの義務的セックスになってしまいなかなか妊娠にまで至りません。

性欲が高まれば
自ずから愛のあるセックスにいたり、妊娠しやすくなります。

日本人は性欲が弱い?

イギリスの王手コンドーム会社のデュレックスが毎年実施している
セックスの幸せ国際調査によると
世界26カ国、26000人を対象に調査をした結果
1年間のセックス平均回数は103回
わが日本は26か国中最下位で48回
1位のギリシャは164回

社会情勢や仕事内容が違うので一概には言えませんが、日本人は性欲が弱いのかもしれませんね。

性欲を高める方法

では性欲を高める方法はないのでしょうか?
これからお話しすることを試してみてください。

異性を意識させる

結婚生活に月日がたつにつれ相手を愛してはいるが、
異性としてではなく家族としてという方も多いと思います。

女性は女性らしく、男性は男性らしく、
いつも異性として相手に意識させることが重要です。

・夫の前でおならをする
・風呂から出たら全裸で歩き回る
・休日にはいつまでもパジャマでいる
・結婚当初と体型が違う

こういったことをしていると異性として意識させるのは難しくなります。

常に女性は女性らしく、男性は男性らしく
振舞うことで新鮮な気持ちに相手をさせましょう。

赤色を取り入れる

赤は人を興奮させる色です。
身に着けても見ても興奮する色です。

・赤い口紅で唇を真っ赤にする
・赤いランジェリーを身に着ける
・赤い服を着る
・ワンポイントに赤を加えてみる

おばあちゃんの原宿と言われる巣鴨では赤いパンツが大繁盛しているそうです。
赤いパンツをはくと体が温まり、一生下の世話にならないといわれていて人気だそうです。

そんな巣鴨では高齢者間のセックスが増加しているようです。
赤色の力で性欲が高まったためでしょうね。
是非あなたも赤色を取り入れましょう。

雰囲気を変える

・寝室の壁紙を変える
・ベッド周りに赤い小物を置く
・寝具を買える
・ダウンライトやろうそくを使用する
・花を飾る

など見慣れたしんしつの雰囲気をムードある雰囲気に変えることでも性欲が高まります。

また、
・ラブホテルに行く
・旅行に行く

など場所を変えてムードある雰囲気にしても良いでしょう。

嗅覚を刺激する

大脳には思考や記憶といった知的活動を行う大脳新皮質と
食欲や性欲といった本能行動や喜怒哀楽といった情緒行動に関係する大脳辺縁系に分けることができます。

人間のような高等動物では大脳新皮質が発達し、下等動物ほど大脳辺縁系が占める割合は多いのです。

大脳辺縁系は嗅脳とも言われ嗅覚は大脳辺縁系に直接結びついています。

他の視覚や聴覚、触覚は視床下部や大脳新皮質を介してから
大脳辺縁系に到達するのに対し、嗅覚は直接大脳辺縁系に到達します。

したがって匂いは本能や感情に直接影響を与えます。

アロマテラピーはこのメカニズムを利用しています。

アロマテラピーでは催淫作用(性欲を高める作用)
のある精油を使用します。

催淫作用のある精油

・イランイラン
・ジュニパー
・フェンネル
・クラリセージ
・ローズ
・ジャスミン
・サンダルウッド
・パチョリー

この中から気に入った製油を選んで使用してみてください。

また、これらの催淫作用のある製油とマッサージオイルを混ぜて、お互いにマッサージしあうのも良いです。
スキンシップにもなりますしね。

以上でお話してきた
■異性を意識させる
■赤色を取り入れる
■雰囲気を変える
■嗅覚を刺激する

を実行して性欲を高めて愛のあるセックスの回数を増やして妊娠に近づきましょう。

それではまた。
楽しみにしていてください

アロマランプ一覧
アロマポット一覧
イランイラン
ジュニパー
フェンネル 
クラリセージ
ローズ エッセンシャルオイル
ジャスミン エッセンシャルオイル
サンダルウッド
パチョリー

 

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。