妊娠力を高めて、不妊症から妊娠への近道の秘訣を公開中

他人の赤ちゃん

他人の赤ちゃん

こんにちは さいじょう鍼灸院の西條です。

今回は妊娠する上で最も重要なマインドの一つをお話しますので
最後まで一文字も読み飛ばさず、しっかり読んでください。

あなたは、他人の赤ちゃんを見るのが辛いですか?

妊娠を望んで長い年月だったり、不妊治療を受けている人の多くは、
他人の赤ちゃんを避ける傾向があります。

「何でこんなに苦労している私に赤ちゃんができないの…」

お気持ちはわかります。

しかし、他人の赤ちゃんを避けない事
むしろ、可愛いと思えることが重要なんです。

このマインドがしっかりできていれば
ストレスは軽減され、妊娠に向けて脳が指令を出し始めます。

このマインドができていなければ
ストレスがかなり溜まってしまい、なかなか妊娠に向けて脳が指令を出せません。

逆じゃないの?
と、あなたは思ったかもしれませんね。

脳の仕組みを知れば納得すると思います。

まず脳にはものすごく素晴らしい力があるのを知ってください。

それは思ったことを実現しようとする力です。

思考は現実化すると言うナポレオンヒルの有名な本があります。

私は30歳までに鍼灸院を開業しようと思い、恩師の下に弟子入りをして修行した結果、
予定よりも3年早い27歳で独立開業をすることができました。

後からナポレオンヒルの本を読んで思考は現実化したと思った門です。

ナポレオンヒルの思考は現実化するは名著なので、時間に余裕がある方は是非読んでみることをオススメします。

話がそれてしまいましたね。

思ったことは実現させる能力が私たちの脳には備わっています。

そんな素晴らしい力を持った脳ですが、
実は主語を理解できないという欠点もあります。

主語、つまり、私、あなた、彼、彼女と誰の事か理解できません。

脳は全ての主語をあなたに・・・つまり、自分自身にするのです。

ここでやっと冒頭の質問に戻ります。

あなたは他人の赤ちゃんを見るのが辛いですか?

辛いと答える人は、
私は赤ちゃんが欲しい・・・でも他人の赤ちゃんは見たくない
という人が多いと思います。

脳は主語が理解できません。
主語は全て自分自身になってしまいます。

私は赤ちゃんが欲しい
でも、私の赤ちゃんは見たくない

どうですか?

あなたが、もし他人の赤ちゃんを見たくないと思っていたら、

あなたの脳では
私は赤ちゃんが欲しい
でも、私の赤ちゃんは見たくない
と何とも矛盾を生じてしまいます。

これでは思考を現実化させようとしても
赤ちゃんが欲しい でも 赤ちゃんを見たくない
???????
となり、脳は混乱して能力を発揮できません。

他人の赤ちゃんを避けるのではなく可愛いと思えるようになることが
思ったことを実現させる能力をフルに発揮できるのです。

他人の赤ちゃんを避けず、可愛いと思えるためのポイント

・赤ちゃんを見かけたら可愛いと言う
(可愛いと思っていなくても良い、言葉にすることが大切)
:赤ちゃんやイヌ、ネコなど動物が好きであやしている人の行動を演じる
(行動から感情を引き起こすことができる)

このポイントを踏むことでストレスは軽減し、
思ったことを実現させる力を発揮させ、自然と妊娠力も上がります。

嫌なこと、辛いことは
自分を成長させる良いチャンスだと思い逃げずに乗り越えて行きましょう。

それではまた
楽しみにしていてください。

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。